伝統工芸とアフィリエイト 究極の名刀を紹介します

今回紹介するのは堺包丁になります。
僕が生まれ育ったのは大阪の堺という町です。

 

この町には世界的にも有名な伝統工芸があります。
刃物です。

 

堺刃物・・・それは火と鉄と水と人の巧がなす絶妙の切れ味。料理人の多くが堺刃物を広く支持しているのは、永い間に築かれた堺刃物に対する信頼の関係です。。
堺は日本の夜明けの無頼となった町で、今から約2000年前弥生時代中期には既に集落が営まれ、石包丁が使われていました。我々人類の祖先が道具として一番先に使いはじめたのは、刃物だといわれています。

 

世界最大の古墳仁徳陵は堺の東部丘陵地帯にあり、当時この造営は想像を絶する大土木工事であったものと思われます。

 

工事用の鋤、鍬などの土工具が沢山生産され、職人は集落をつくって住みつき、今では丹南(タンナ)や日置荘(ヒキソウ)などの地名として面影を伝えています。天文12年(1543年)ポルトガル人によって鉄砲、たばこが伝来しました。堺刃物の優秀な技術はここにも生かされて、戦国時代堺は鉄砲の産地として重要な役割を演じました。

 

天正年間(1573年~)たばこの葉を刻むたばこ包丁が堺で造られるようになり、徳川幕府は堺極印を附して専売したために、堺刃物の切れ味と名声は全国各地へ拡がりました。

 

鍛えられた鋼の切れ味に優るものはありません。600年の伝統が今も脈々と受継がれ、世界に誇る堺刃物が生産されています。

 

戦国時代では包丁はもちろんのこと日本刀が作られていました。
現在も数少ない職人さんによって作られています。

 

この堺包丁なんですが僕は地元民なので歩いても買いに行ける距離だし
あまりにも身近すぎて当たり前のように入手できますが(しかも安く買えたりする)
離れたところに住んでる方は入手不可能なんです。

 

包丁なんてホームセンターで買えるものでいい。

 

包丁なんて100均のもので十分だ。

 

そう思われる方も多いかと思います。

 

でもね。この商品を見て本当にそう言えるでしょうか?

 

市販の包丁を包丁と呼ぶなら堺包丁は間違いなく日本刀
根本的にレベルが違います。
そして、何より美しく長年に渡って使える一生のアイテムになるでしょう。

 

参考動画貼っておきます。

 

 

どうですか?

 

ちょっとイカツイおっちゃんの実演販売。
鋼が違うと言ってますが、本当です。
一般包丁に比べ重みもあって、まるで武器のようです。

 

この世界的に有名な伝統工芸がネットで購入できるようになったんですね。

 

この堺包丁を愛用されている料理人は多いとおもいますが
時代に合わせて包丁も進化し一般家庭でも多く使用されるようになりました。

 

もちろん僕も15年ほど1本の包丁を使っています。
いまでもピカピカですよ。

 

そして、この包丁は贈り物としても扱われるようになりました。
この包丁を彼女や奥さん友人の結婚式の贈り物としても喜ばれるでしょう。

 

紹介致します。

 

 

 

か、可愛すぎるやろ!!!

 

世の中にこんなにオシャレな包丁が存在するでしょうか???

 

しかも刃に名前を入れることができます。

 

お店はこちら堺英さん。
他にもいろんなバージョンがあるから見てみてねー!!
今回、この堺包丁の紹介に至ったのは
自分の住んでる町の伝統工芸を多くの人に伝えたく紹介させてもらいました。

 

職人さんもだんだん減ってきています。
時代と共に良いものが無くなっていくのは非常に残念です。

MASATOオススメ記事 こんな記事はいかが?

<スポンサードリンク>

 

【MASATOからのお願い】
いつも訪問頂きありがとうございます!!
このブログは人気ブログランキングの日記・雑談カテゴリーに参加しております。
1日10人の応援クリックが貰えるのを目標にブログ更新頑張っています。
あなたの優しさライセンスで今日も応援お願いします!!→
Twitter始めました!!ブログ更新の連絡なんかもするのでご自由にフォロー下さい→MASATOのTwitter
 
このブログでは無料で究極な一冊自由な人生を手に入れる教科書から始まる
アフィリエイトを推奨しています。基本は全てここから学びました。

 


 
トップページ はじめに MASATOのこと Twitter 問い合わせ