#1 本州最南端をめざして

かなり前の話になる。
夜明け前午前5時頃、購入したバイクに乗り人生初のツーリングにチャレンジ。
バイクはHONDAのFORZAである。
大阪から海側を下道で和歌山県に向かって走る
人生初の一人旅の記録です。

 

 

 

2時間ほどのんびり走っただろうか?
この頃、和歌山市には突入していた。
腹が減ってきて途中どっかの吉野家に入る。

 

 

 

これは前方から撮ったものです。
ちなみにおもちゃのデジカメで撮影したので今のスマホよりも完全に画質が悪い。
早朝から吉野家の駐車場で撮影する姿がどこかアホっぽい。

 

 

 

 

この日は9月前半でまだ暑さがきつかった。
途中、道の駅を発見しては水分補給がてら休憩をとるようにしていた。

 

 

 

この道の駅でやっと海と対面し無駄にテンションがあがる
この風景だけで夏を楽しめた気分になります。

 

休憩を終え、さらに南下。
時刻は11時頃になる。
そしてやっと和歌山県、本州最南端へさしかかろうとしていた。

 

そういえば、知り合いの女の子が事前にオススメの料理店を教えてくれていた。

 

女:「和歌山の南の方に串本駅があるんですけど、その近くに店があります。」

 

MASATO:「ほうほう。探してみるよ。なんて店?」

 

女:「・・・・・・・・・・。」

 

MASATO:「ん?」

 

女:「ちょっと言いにくいんですけど。いろんな意味でギリギリなんですよ。」
 
MASATO:「ギリギリ?なにそれ。」

 

女:「ダイビングしてるときよく通ってた店でね。ほんとに美味しいですよ!」

 

MASATO:「うんうん。」

 

女:「名前が『萬口』と書いてまんこうって読むのです(照)」

 

MASATO:「ギリギリすぎるやろ!!」

 

そんな情報から串本駅に辿り着き、少し歩いて探してみた。

 

 

 

あっ!!発見。

 

 

 

なんというかいろんな意味でギリギリだ。

 

 

 

閉まっていた・・・。

 

 

 

しかたなく再びバイクを走らせた。
そして、立ち寄ってみたい場所。
水族館にきてみた。
 

 

水族館の館内に入る前にこちらの船に乗る。
船の窓越しに海中の様子が見れるステラマリス号!!
待ち時間もなくすぐに乗り込めた。

 

船の中はこうなっている。
あれ???客は???まさかの自分だけだった・・・。
係員がマイクを持ち案内を始める。

 

係員:「本日は、まことにありがとうございます!!」

 

MASATO:「・・・・。」

 

全案内を個人にぶつけられる気持ちがわかりますか?

 

 

 

魚!!!
船内の気まずい空気も吹っ飛びテンションがあがる。
 

 

 

 

船を降り館内へ。
とても美しく優雅に泳ぐ魚たち。
そんな光景より館内の涼しさが嬉しかった。ビバ!冷房!!




 

館内で昼食も済ませ再び走り出す。
次の目的地は本州最南端の地、潮岬である。
すぐ着いた。潮岬タワーです。

 

タワーでソフトクリームを食べた。
旅先でソフトクリームは必須だろう。
ちなみに僕はどんなにご当時アイスがあってもバニラしか選ばない。

 

歩いて本州最南端の地へ向かうと灯台があった。

 

登れるらしい。せっかくなので登ろうとすると。
階段には申し訳なさそうに表示が貼ってあった。
68段くらい大丈夫だから(笑)

 

登っていくとまた出てきた。
わかったから(笑)
なんで申し訳なさそうなんだ。

 

上からはこんな眺め。
いいですねぇ。
普段の生活で絶対に見れない光景です。

 

そして本州最南端に辿り着いた。
記念にパチリ。

 

知らない人の像もあった。
誰でしょうか。

 

正確には、この像の裏側のこの辺が本州最南端だったので
写真を撮っておく。

 

 

旅っていいですね。
スタートから8時間ほどでここまで楽しめる。
普段何気なく過ごす8時間とは全然違う充実感がある。

 

今回はこの辺で。

 

#2へつづく

MASATOオススメ記事 こんな記事はいかが?

<スポンサードリンク>

 

【MASATOからのお願い】
いつも訪問頂きありがとうございます!!
このブログは人気ブログランキングの日記・雑談カテゴリーに参加しております。
1日10人の応援クリックが貰えるのを目標にブログ更新頑張っています。
あなたの優しさライセンスで今日も応援お願いします!!→
Twitter始めました!!ブログ更新の連絡なんかもするのでご自由にフォロー下さい→MASATOのTwitter
 
このブログでは無料で究極な一冊自由な人生を手に入れる教科書から始まる
アフィリエイトを推奨しています。基本は全てここから学びました。

 


 
トップページ はじめに MASATOのこと Twitter 問い合わせ