#2 マイナスイオンがすごい!!スーパーパワースポット那智の滝へ

本州最南端、潮岬を出て再出発。
ここからは紀伊半島を三重県方面へ北上し那智勝浦へと向かう。
この地にスーパーパワースポット、那智の滝があるという。

 

道中、こんな場所があった。
橋杭岩というらしい。

 

岩が橋をかけるように並んでるんですよ。

 

どういう自然現象なんだろう?
ちなみに僕のTwitterのヘッダー画像は橋杭岩なんですよ。

 

3時間ほど走っただろうか?
やっと目的地に到着。
那智の滝へはまずこの大門坂を通って行くらしい。
バイクを止め、ここからは歩きです。

 

最初は民家っぽいところで舗装された道を歩いていく。
これでも結構歩いたもんだ。
鳥居が見えてきて、それっぽいとこにやってきた。滝か!?

 

いや。ここからがスタートのようだ。
入口にどでかい木が2本そびえたっていた。

 

夫婦杉というらしい。
樹齢800年ってすげー・・・

 

ここからはこのような石畳の道を歩いていく。
雰囲気でてますよね。

 

ただこのサンダルは失敗だろう。
世の中、向き不向きがあると思うが完全に不向きの方だ。

 

なげー。
一体どこまで続くんだろうか。

 

なげー(泣)
蛇の道をひたすら走る悟空の気分だ。
ドラゴンボールでいうたらね。

 

途中こんな表示が。
入山心得!!
ここに●サンダルは足が痛いで。運動靴で来てや。を加えてほしい。

 

ようやく階段が終わる!!滝か!!

 

・・・・・。
滝がない・・・。
ギザギザの坂が続く。

 

そして階段・・・。
もう帰ろうかな・・・。

 

階段を登りきると。
歓迎の看板が。
歓迎じゃねーわ!また長い階段が(涙)

 

想像を絶する階段を上りました。
サンダルでした。
鳥居が出てきました。さらに階段が続いています。

 

はいゴール!!

 

神社にやってきた。
那智大社。
大社だから格上の神社ですね。

 

 

うお!なんかジャンボおみくじがある。
奥には巫女さんがおる♪

 

MASATO:「すいません。これやります。」

 

巫女:「はい200円になります♪」

 

MASATO:「はい。なんでジャンボなんですか?」

 

巫女:「ほんとですよねぇ。でも人気ですよ!

 

なんでジャンボなのかは教えてくれへんのや(笑)

 

おみくじの結果は中吉だ。
なかなかいいじゃないですか。

 

 

いろいろ神聖な場所だがら激写する。

 

この景色見て下さいよ。
もののけ姫に出てきそうだ。
だいぶ上まで登ってきたんだなー。

 

そして・・・・。

 

おおおおおおおお!!
滝やああああああああああああ!!!
まだまだ先が長そうだがゴールを確認。

 

こんな建物があったけどスルーして滝方面へ

 

こんな像があったけどスルーして滝方面へ

 

こんな車輪あったけど・・・。
めっちゃ回しといた。
そして滝方面へ。

 

 

滝への道は、またこんな道を下がったり上ったり。
何が辛いってサンダルで進むのが過酷なんです。
石畳も平面じゃなくボコボコだし、コケ生えてるから滑るしね。
よさげな石を選んで歩いていかないとダメなんです。

 

滝!!!
ここまで来たら滝の音がゴオオオオオ!と聞こえます。

 

とうとう来ましたよ。

 

世界遺産!!

 

うおおおお・・・・。
言葉にできない。
写真じゃ伝わらないが水しぶきがミスト状になって空気に同化しておる。

 

滝のプロフィール。

 

いろんな角度から撮る。

 

これ水尽きないのかな・・・。
それにしても水湧きすぎですよね。

 

全体図
かっこいいなー。

 

 

 

 

建物がありお土産など売っている。
ここから先は300円払うことによって滝のそばまでいけるという。
なにこの商売。

 

ここまでどんな思いで登ってきたと思うのだ。
この可哀想な足をみてくれ。
ここで引き返すわけないでしょうよ。

 

金を払い先へ進む。
そして注目すべきは延命長寿の水が300円(水が入ったお守り?)
そして水を飲むための容器(小さい皿)が100円で手に入る。

 

余裕で払った。
この人たちの仕事楽そう。

 

購入した皿で飲める!
がぶ飲みしましたね。
これ本当ならだいぶ延命したはずですよ。

 

近くにきてみた。
やばい、迫力満点だ。

 

水しぶきがやばい。
マイナスイオンの塊ですよ。

 

金払ってよかった。

 

思う存分、滝を満喫した。
自然っていいよね♪
心が洗われるよね♪

 

必死で考えないようにしていたんですが
ここから来た道を帰らないといけません・・・。
そう。サンダルでね。

 

この体に吸収されたであろうパワースポットのパワーは
帰り道の過酷さにより消え失せるのであった。
下りにほうがきついっていう・・・。

 

ここで少し告知があります。
この滝の迫力を伝えるために動画を用意しています。
後に運動靴であの道を歩き抜いて撮った動画です。

 

近々Twitterフォロワーさんのみ公開予定です。

 

よければ、こちらから気軽にフォロー下さい。

 

#3へつづく。

MASATOオススメ記事 こんな記事はいかが?

<スポンサードリンク>

 

【MASATOからのお願い】
いつも訪問頂きありがとうございます!!
このブログは人気ブログランキングの日記・雑談カテゴリーに参加しております。
1日10人の応援クリックが貰えるのを目標にブログ更新頑張っています。
あなたの優しさライセンスで今日も応援お願いします!!→
Twitter始めました!!ブログ更新の連絡なんかもするのでご自由にフォロー下さい→MASATOのTwitter
 
このブログでは無料で究極な一冊自由な人生を手に入れる教科書から始まる
アフィリエイトを推奨しています。基本は全てここから学びました。

 


 
トップページ はじめに MASATOのこと Twitter 問い合わせ