#3 気分は浦島太郎!!旅の終わり

この旅も終わりを迎える。
人生初めてのツーリングは計算すると走行距離にして往復570㎞となった。
ここには道に迷い無駄に走ったのも含まれる。

 

 

 

 

 

前回の記事にもあるように那智の滝にてボロボロになった僕は
予約しておいたホテルへ向かうことにした。
バイクを指定の駐車場に停め、ホテルの送迎バスに乗るとこの桟橋で降ろされた。

 

勝浦温泉。そう。旅には温泉が欠かせない。
早く汗を流したい。
この場所で待てば、送迎船がやってくるらしい。

 

 

すると何やらこちらの桟橋にやってくる船が。

 

 

えっ!?なんかマヌケな表情のやつがきた・・・
 

 

浦島丸!!!まじか。これに乗るらしい。
この日宿泊するのはホテル浦島。
そうか!浦島だけに亀に連れられて行くんだ!?

 

 

浦島丸に乗せられてホテル浦島へ移動する。
わーい!
これはテンションあがります。

 

 

 

ここから先、館内の様子は写真が数枚しかありません。
癒しモードに入ったため写真撮るのを忘れました。
いやー、すごい広くて面白いホテルだったなー。

 

受付で予約していた部屋じゃなくランク上の部屋が空いたので
料金そのままで良い部屋へ変更してもらった。
部屋は最上階あたりにあるという。

 

 

 

 

鍵を受け取った僕は部屋へ向かう。
長いって(笑)※これで3分の1くらい
部屋にはこのクソ長いエスカレーターに乗っていく。

 

長い・・・。

 

飯はバイキングでした。
マグロの解体ショーなんかもやっていて
さばきたての大トロなんかも食べれます。

 

ここ勝浦はマグロの産地らしく
どこ行ってもマグロが出てくる。

 

当時の僕は、魚介類が食べれない人だったのですが
この旅をきっかけに克服できました。

 

 

この先、あまり写真がないので申し訳ない。

 

公式HPをリンクしておきます。
ホテル浦島
画像・動画を是非ご覧ください。

 

有名な温泉『忘帰洞』に行きたくてこのホテルにしました。
海沿いにある大きな洞窟内に温泉があるんです!
他にもいろんなお風呂があって湯めぐりスタンプラリーできるんですよ。

 

それだけ館内も広く。迷路のようになっている。
予め受付で館内地図を受け取り、裏はスタンプ押すシートになっている。
スタンプラリーを完成させると景品として入浴剤を頂ける。

 

温泉好きなら館内だけで充分満喫できるため、後日2泊しに行った(笑)

 

 

 

 

ゆっくり休むことができた僕はチェックアウトを済ませ浦島丸に乗り込む。
さよなら。ホテル浦島さん。

 

ちなみに山の上にある館が泊まっていた場所。
そりゃエスカレーターも長いわけだ。

 

 

次は勝浦の海を一望できる遊覧船へ乗り込む。
亀の次はクジラ。となりにはイルカもありますね。

 

くじら号。
12号じゃないで。

 

わーい!(再)

わーい!わーい!!

 

船からの風景

 

 

 

 

海を満喫し船から降りた。

 

いよいよこの旅も終わり。
やってきた道を戻るだけでこの先写真はありません。

 

この旅記録は#1~#3の3部に分けましたがいかがでしたか?

 

旅はいいですよ。
ネット社会が普及し、ただでさえ部屋で過ごすことが多い時代です。

 

しかし、僕は生きてる間にパソコンやスマホの画面からではなく
実際にその地に赴いて、歩き、景色を目に焼き付け
その地特有の文化に触れることをオススメします。

 

忘れられないあなただけの思い出ができますよ。

 

僕はいつも旅の帰り道、とても寂しい気持ちになる。
今回、自然に触れた旅でしたが、
家に近づくにつれ、道の信号が多くなり嫌気もさした。

 

そして、あーまた明日から仕事かー・・・って
現実世界に戻される感じでブルーになる。

 

しかし人生は一度きり。
仕事や学業に徹する毎日の生活に刺激を与えないと
働きロボットになっちゃいますからね。

 

できるだけ外に出ていきたい。

 

ちなみにこの旅で使用したお金は20000円くらいでした。

 

この一人旅に面白さを見出した僕は
その後、紀伊半島一周計画と四国一周計画を立て実行に移す。

 

また記事としてアップすると思いますのでよろしくです。

 

 

 

MASATOオススメ記事 こんな記事はいかが?

<スポンサードリンク>

 

【MASATOからのお願い】
いつも訪問頂きありがとうございます!!
このブログは人気ブログランキングの日記・雑談カテゴリーに参加しております。
1日10人の応援クリックが貰えるのを目標にブログ更新頑張っています。
あなたの優しさライセンスで今日も応援お願いします!!→
Twitter始めました!!ブログ更新の連絡なんかもするのでご自由にフォロー下さい→MASATOのTwitter
 
このブログでは無料で究極な一冊自由な人生を手に入れる教科書から始まる
アフィリエイトを推奨しています。基本は全てここから学びました。

 


 
トップページ はじめに MASATOのこと Twitter 問い合わせ