#2 ホテルのおっさんに〇〇されたので〇〇仕返した!

音楽人形館を堪能し散歩ロードを進んでいくと足湯を発見。
誰もいないしやっていこう。
こういうとき先客がいたら入りにくいんですよー。シャイだから。

 

30分ほどボーっとしてたら背中から汗かいてきました。
スゲーな足湯。

 

 

足湯から出て散歩の続きです。
小さな風車がありました。

 

 

どんどん奥に進むと鐘!鐘出てきましたね。
なんだっけ?なんとかの鐘。

 

 

ちゃんと説明書きがあるぞ。どれどれ・・・。

 

 

扇野の鐘。それそれ。
2回くりかえし唱えながらだと・・・・
見られたら恥ずかしいやつや!

 

 

試しに1回鳴らしてみた。
すると、思ってる7倍の音量で鐘の音が鳴り響いた。
ヤバイ!逃げろ!

 

 

散歩を終え、露天風呂へ向かう。

 

 

露天風呂!いざ!

 

 

入口に入るといきなり誕生花を見つけさせられる。
せっかくだから見つけた。
僕の誕生花はせいたかあわだちそうというらしい。なにそれ知らん。
花言葉は元気 生命力 唯我独尊

 

 

服を脱ぎ捨て、いざ露天風呂へ!
誰もいない!ということで更衣室に戻りデジカメを手に取りパチリ!
温泉は良かったけど、前日がもっとすごい温泉だったので感動が薄れちゃった。

 

 

お部屋はこんなん。
和室ですね。

 

 

部屋ごとにテレビがあります。

 

 

せっかくなのでテレビを観る。
旅先で観るテレビショッピングは一味違うぜぇ。
0120-55-66-88へお電話!番号の区切るとこおかしくないですか?

 

 

一切電源をONされなかったもう一つのテレビ。

 

掘りごたつ式テーブル助かるわー。
旅先あるある。普段入れない熱いお茶をいただきゆったりした気になる。

 

 

CDラジカセ。カセットテープも再生できるよ。持ってないけど。

 

部屋の外に可愛いお風呂があります。
あとでゆっくり入りました。

 

 

 

 

 

そして、この旅の目的。
自分へのご褒美ということなんですが
もともと伊勢エビを食べまくりたいという欲望を抱いていました。

 

伊勢エビを食べまくるプランということでこちらの宿を選んだのです。
願いは金出したら叶いました。
安いプランがあったんですよ。

 

 

 

伊勢エビやあああああああああ!!
これ最初で、どんどん追加でいろんな伊勢エビ持ってくるのです。

 

 

美味しかったのがコレ。
名前わからんけど伊勢エビのクリーミーっぽいやつ!
最高の夕食でございました。

 

 

次の朝、朝食はバイキング。
伊勢エビはありませんでした(笑)

 

チェックアウトを済ませ鳥羽から伊勢志摩へ向かいます。
途中、予定にはなかったけど山道を走りました。

 

 

朝熊山というところ。

 

 

頂上でバイクを停める。

 

 

伊勢市が一望でき、なかなか絶景でした。

 

 

下り道にも絶景ポイントがありました。

 

 

こんなのや。

 

 

こんなのや。

 

 

こんなのや!

 

こんなのや!!

 

 

こんなの。
なにこれ。デカい本です。

 

 

山を下り、伊勢で色々お土産を買い、伊勢志摩へ向かうんだけど。
ここでちょっとムカついた事件があって、
写真撮ってないんです・・・。ごめんね。

 

伊勢志摩って海沿いでね。
砂浜が綺麗でいいところなんです。

 

 

波も穏やかで水も綺麗でした。

 

 

波を眺めながら癒されていたんですよ。

 

 

1時間くらい眺めてたと思います。

 

 

空を見上げるとなんか神秘的なことになってるし。
これが最後の写真になります。
こんなに楽しかったのに・・・。

 

 

 

 

 

 

聞いて下さい!!

 

伊勢志摩で泊まるホテルのことです。
ホテルに到着したのがチェックイン予約時間より1時間ほど早かったんですね。

 

 

 

ホテルの来客用駐車場にバイクを停めるんだけど
バイク専用駐輪場は無かったので普通車用の場所に駐車したんです。

 

 

 

フロントへチェックインしようと思ったら
やっぱり1時間ほど待ってほしいと言われたんです。
それはいいんですよ。

 

 

 

ロビーで待ってたら。
ホテル従業員のおっさんがやってきて言うんです。

 

 

 

 

おっさん:あのバイクにいちゃんの?

 

MASATO:そうですけど?(この時点で対応にイラッとしてる)
 

 

おっさん:ちょっとどけてくれる?

 

MASATO:は?なにか問題ありました?
 
なんか上から目線で、「あー忙しい時に客きたでおい!」みたいな。
厄介払いするかのような表情で話しかけてくる。

 

 

 

おっさん:あそこ車用だからね!

 

MASATO:いや、わかってるよ。バイクの駐輪場探したけど無かったんでね?
 
 

 

おっさん:車用のとこ停めたらダメ!!にいちゃん、バイク移動して!!

 

 

 

 

ブチッ

 

 

 

 

MASATO:おまえさっきから誰に口訊いてんじゃボケ!!兄ちゃん兄ちゃんってその辺のおっさんかお前は!このホテルは客にタメ口でおもてなしかい?

 

おっさん:いやぁ・・・そんなつもりは・・・

 

MASATO:じゃあどんなつもりでタメ口叩いてんねん?えええ?殺すぞお前!!!
 
おっさん:・・・・・・・・・。
 
 
 

 

おもっきり怒鳴ったった。
一瞬でロビーの空気が変わった。ごめんね。

 

ここで支配人登場。

 

支配人:お客様・・・・どうされましたか?

 

いきさつを支配人に説明した。
さすが支配人、話がわかる。

 

 

このホテルにはバイクの駐輪場はやはり無く、
僕の停めていた場所は先約の客にと予定していたのだそう。

 

 

僕からしてみれば、そしたらどこに停めればいいの?誘導してよと。

 

 

おっさんが誘導することになった。

 

 

おっさんが指定した場所はホテルの門沿い。
しかも外側やで・・・
腹立たしいが僕は言われるがままに停めた。

 

 

すると。

 

 

おっさん:違う違う!!こう!こう向き!

 

MASATO:あ?

 

向きはいいやん!好きにさせろや。
いちいちイライラすんねん(笑)

 

 

 

たぶん、ああいうおっさんなんやわ。
悪気ないけど敬語は使えないんだね。

 

 

MASATO:おっさんホテルマン辞めたほうがいいで。おまえみたいなのに案内されたら誰でも気分害するからなぁ。もう俺にはしゃべりかけるなよ。うっとうしい。

 

 

おっさん:・・・・・・・・・・・。

 

一通り凹ませたけれど
すいませんの一言もないのがムカつく。

 

 

というわけで・・・。
伊勢志摩の思い出はキレたことしかありません(笑)

 

あっ!
一つだけいい思い出がある!
温泉で〇〇された話で紹介したふりるん

 

ふりるんとはこのホテルで出会いました。
ふりるんは良かったなー。
家に帰ってすぐネットで調べて買いましたもん。

 

本当にこの日の思い出がなくてね。
どんな部屋で何食べてとかさえ記憶になく
海とオッサンの顔と駐車場と門はすごい覚えてるのですが(笑)

 

 

 

翌日、チェックアウトし。
ノンストップで家まで走りました。

 

紀伊半島1周は長かった。
伊勢志摩で1泊する必要はなかった気がする。

 

最後の最後で嫌なことがあったものの
最高の温泉で2泊し伊勢エビ食べまくったし
トータルで良い思い出になりました。

 

 

これまで、南紀・四国・伊勢とツーリングの旅を記事にしましたが
ツーリング旅の記事はこれで最後です。

 

ほんとは京都の丹後半島一周の旅もあったんだけど
画像データがきえてしまい・・・・

 

また機会あれば、別の旅を記事にしたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

MASATOオススメ記事 こんな記事はいかが?

<スポンサードリンク>

 

【MASATOからのお願い】
いつも訪問頂きありがとうございます!!
このブログは人気ブログランキングの日記・雑談カテゴリーに参加しております。
1日10人の応援クリックが貰えるのを目標にブログ更新頑張っています。
あなたの優しさライセンスで今日も応援お願いします!!→
Twitter始めました!!ブログ更新の連絡なんかもするのでご自由にフォロー下さい→MASATOのTwitter
 
このブログでは無料で究極な一冊自由な人生を手に入れる教科書から始まる
アフィリエイトを推奨しています。基本は全てここから学びました。

 


 
トップページ はじめに MASATOのこと Twitter 問い合わせ